--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-01-29

鼓室炎切開処置

さてさてそれでは予定通り、鼓室炎切開処置のレポでございます~


※先生の発言は基本意訳、ブログ用にリサイズされてると思ってください。
 気になる点はかかりつけのお医者さんへ。





威一郎さんも私も朝ごはんをしっかり食べて病院へレッツゴー☆

「耳元のまわりは毛を剃るのでそこは了承して下さいね、
 それからココ(腫れの部分)を1センチくらい切開します。
 で、中に古い膿もたまってるからそれを全部キレイにします。」

「1センチって、見るとはじめは「うわぁ」って思うかもしれないけど
 うさぎは回復力が強いからどんどん閉じていっちゃいます。
 最終的に1・2ミリくらい、開いたままになってるのが理想ですね」


はい、OKです!よろしくお願いします!

「何か気になる事とかあります?」
「以前2度全身麻酔したとき、麻酔の抜けが良くないって言われてます(´・ω・)」
「ほほう、了解しました。麻酔管理もしっかりしますよ!
「ただその頃今より丸1キロ重かったんで、そのせいかもしれません」
「あー、あるね。体重は麻酔に影響しますから」


そんなカンジで威一郎さんを見送り、日が落ちた頃にふたたび病院へ。


いってくるのー
当日、出発前に。何も知らないしろいきもの。


「はーい、麻酔もちゃんと抜けてますよー

威一郎さん、見た目はカワイソウ感がすごいけど、意外に表情がリラックス。
が!
私に気付いたとたんスッと冷たい視線を送り「ああ…アンタ…(冷」って顔を!明らかに!
あああ悪かったわよ私が処置するって決めたのよでもそんな顔しなくたって・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン
←卑屈飼い主


「じゃ、術中の写真があるんでそれ見ながら説明しますね」


意外や意外、毛を剃った方が腫れが大きく見えて…というか実際はこの大きさだったのかと驚き。
毛を剃った状態、さっくり切ったところから膿み出し、穴作成と
写真を見ながら説明して下さいました。
切った所からは、よく言われるクリームチーズ状の膿がたくさん。

「右の方が腫れが大きかった分、大きめに切ってます。」
「毛づくろいもしてリラックスした様子も見られたし、連れて帰っても大丈夫ですよ
「家で気をつける事とかありますか?」
「全身麻酔の後はどうしても体温が下がるから保温はしてください。
 あとは薬をちゃんと飲ませて、普段どおりに過ごさせてあげて」



かえってきたのー
帰ってきたところ。上手い具合に隠してみましたw


帰ってからも意外に普通の顔をしてフツーに動き回る威一郎さん。
なんとうしろあしでいつもどおりに耳周りをカカカとしはじめて
Σ(゚Д゚;)ちょ!威一郎さんそれは!!とあせったら
傷周りだけは見たことのないスロースピードでなでてましたww


若干食べ具合が悪くなるも、渋い顔を見せたりうさまんじゅうになったりもなく
比較的平和に過ごしてくれました。


切開から3日後、昨日の通院でも経過に問題ナシいただきました!

「毛のびるの早いねー

ちょうど換毛中だったせいか剃った所の復活ぶりがすごく、
朝より晩、晩より翌朝と確実に伸びておりますwwすべすべンフンフw


なんとか撮ってみた
向かって右、耳の下辺り影が濃いのが毛を剃って凹ってるところですね。


さすがにまだ処置した所に変化は見られませんが今後も要観察です。



ほぼ流れですがこんなカンジ~♪
次回、ためにならない?くすりの話などちょっと書く予定。
ええためにはなりません。






あと、うさぎの鼓室炎についてネットで調べてた時
意外にHPやブログが少なかったので参考に写真あげときます。

気になる方は続きのサムネをクリックよろしくです。


※ 注 意 ※
 痛いの・カワイソウなのダメな方は閲覧禁止。
 当日写真なので何と言うかまだ痛々しさを感じます。




長いワリには内容がないよう!(殴 ⇒  にほんブログ村 うさぎブログ ロップイヤーへ
にほんブログ村

続きを読む

スポンサーサイト

2014-01-26

ちょっとまってね☆



はわでございまあああああす



威一郎さん無事に帰還しております!

が!!


私がちょっと疲れております(白目



明日通院予定なのでそれも含めてのエントリをまた…orz
あ、でも明日エントリアップはありません。←

なにもしらないしろいきもの…

こちらは病院に連行される前の威一郎さん。

彼女のがんばりに救われてます。


ちょっと今見た目が痛々しいので、写真どーしよーかなーと悩んでおります。




このブログの価値は白うさ画像であると!  ⇒  にほんブログ村 うさぎブログ ロップイヤーへ
にほんブログ村


2014-01-23

鼓室炎と切開処置。(長

今年初の通院は偶然病院の初診察日(?)だったのですが。
先生が診察室に入ってきて

「は~い明けましておめでとうございまーす… 丸 い ! ! 」

視線の先にはもちろん威一郎さん…

「丸いよ!何?正月食っちゃ寝してたんじゃない?!

せせせせせ先生ほらもともとお腹痛でだいぶ体重落ちてたから
戻っただけですよ元に戻っただけですよおおおぉぉぉぉ!!!(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)




それはさておき。




今回はお耳のはなし、鼓室炎について。




最初に鼓室炎が発見されたのがこちら → 『通院記録:ぷっくり』

何度か経過も書いてますが、現在は両方の耳に腫れがあり
定期通院時に耳かき状態で膿も出してもらってます。
ちなみに威一郎さんがセルフ耳かきでもキレイにするので
私が普段膿を目にする事はほぼありません。


みみもとまるい。
ちょっと分かりやすいのが撮れました。換毛中ですがw
毛で若干大きめに見えてますが大体こんなカンジ。ぷっくり。



神経症状や斜頚から腫れが来る事も、その逆パターンもあるようです。
ゆっくりとしかし膿み具合は進んでいる様子だし
病院で膿出ししてもらうのでも、イヤそうなんですよね(´;ω;`)

以前ちょっと書いた健康診断数値の凸凹に白血球数値もあり
これは耳の腫れが影響してるだろうというのが先生の見解。



そんなこともあり切開処置についても話をしておりました。



切開処置というからには、スパーンと切ってゴバァと開いてザクザク縫って…

「切開って言いますけど、実際にはレーザーで穴を開けます。」

え、そうなの?

たしかに昔はスパーンゴバァザクザクだったそうですが、
今はレーザーでさっくりいけるようです。


きょうもかわいいよー☆


「ちょうど去年研究発表した資料があるんで、見ながら説明しましょう」

「外側から鼓室まで穴を開けて、その穴から膿を出したり場合によっては投薬したり…
 なので理想はこの穴が閉じずに、ずっとあいてる状態になる事ですね。
 ただ閉じてしまう事もあって、そこはもう個体差になります。」



資料はうさ&ハムのもので、あのちっちゃいハムスタさんでも
処置できるのですねーとヘンなところに感心していると

「ハムスターはこれでだいたいスッキリよくなるんですけど、
 うさぎの場合はなかなか難しいですね、その後の処置や観察が必要です」


術後に私がしてあげる事って、何がありますか?

「んー…薬は飲ませてもらうけど、特にこれと言って…
 エリザベスカラーも付けなくていいし、うさぎだから術前絶食とかもしなくていいし」

「ま、その後ある程度定期的に膿を出す洗浄をしたり様子見たりは必要ですけど
 今不正咬合で来られてますからそれと一緒にできますしね」


これ↑はシゴトの休みを取った方がいいのか気になってきいてみたのですが
朝薬飲ませる時間分だけ早起きしたら大丈夫かしら。


ねてる。
ヒーターにジャストサイズ。


全身麻酔なこと、威一郎さんの年齢を考えるとこの先決定的な症状が出た時点で
処置をしようと思っても、その時問題なく手術できるかはちょっと不安。

それなら血液検査・レントゲン的には(問題ナシではなくても)良好といえる
今のうちに一度処置をして、その経過を見てこれからを考えてもいいのではないか…
全身麻酔でも処置をするに値する症状が出ているのは事実なのだし。


「今なら今月の予定わりと空いてるから好きな日を選べるけど…決めちゃう?」



…ということで決めてしまいました。
実は明日24日です(爆


あああホントに、ホントに思うんですが威一郎さんに説明できないのがツライ…
いえ説明自体はしてるんですが ←
だって目が覚めたら痛いんですよ?!
それが「今は痛いけど良くなるための痛さだから」って伝えられないのが…orz


ただそこはうさぎさん、やたらと察しはいいので、せめて
「あのヤロウがなんか真面目なカオして何か言ってたのはコレのことか…!」
と気付いてくれるのをただただ祈るのみです。



病院までちょっと距離があるので、念のため1泊する予定です。
このへんはまた様子をみて先生と相談。
手術としては難しいものではないにせよ、私としてはもう(´゚'ω゚`)シンパイ…

ただそれこそ私の心配も察してしまうので、ガンバロウぜ!(`・ω・´)と
キリリと前を向き送り出そうと思います。





しつこくくりかえしますが冗長な文章が売りのブログです!(殴 ⇒ にほんブログ村 うさぎブログ ロップイヤーへ
にほんブログ村


2014-01-17

たまにはまったり日常エントリ

毎回通院記録で「威一郎さん病院ばっかり…(´;ω;`)」と心を痛めてるアナタ!
安心して下さい、普段はまったりすごしてますよエントリです☆


いえ特にそんなコメントをもらったワケではないのですが(笑)


覚え書き的にどうしても通院エントリを優先して書くので偏りがちですが
特に変化のない日常を平和に過ごしてくれていますよ


「なでれー」「ハッお兎さま!」
なかよし証拠写真


ごらんの通りちゃんとなかよしさんなのですよーキャッキャ(*´∀`) (´∀`*)ウフフ



今更ながら仰向けだっこができるようになって
ボディチェックやケアがはかどるようになりました。

何度チャレンジしてもできなかったのに成功したきっかけは
私が疲れていた ことです。


いつもは「こういう手順で」「威一郎さんがケガしないように」「暴れた場合は」と
用心しつつあれこれ考え安全第一にチャレンジしてたのですがその日は疲れており
なんとなくガッとつかまえモフッと抱きしめ上体を倒して自分だけ起き上がると
「あれ?なんか出来てるし( ゚д゚) しかも暴れないし( ゚д゚)」


あおりっ
久しぶりの正統派イケうさ写真w


で、成功してるうちに失敗時と今、どこが違うのかを疲れつつもチェック。
私&威一郎さんの場合首・頭の支えがポイントだったようで
これでほぼ失敗なく仰向けできるようになりました。

何より疲れててヘンに緊張してなかったのが良かったと思われます。
あとは一度でも成功体験があれば態度に余裕も出てくるってモンですよ(←余裕の発言)


ただその首と頭の支えがなくなると逃亡を図るので
両手フリーに出来ないのが今の課題ですね…



関係ないですが、威一郎さんが3キロこえてた時はまったくたちうちできなかったので
フレンチさんやフレミッシュさんを自在に操る方はホントすごいなあと。



あと。

ムーミンだ!ムーミントロールがいるぞ!
ムーミンが出たぞー!



この冬はじめて窓用防寒断熱パネル的なモノを設置してみました。
威一郎さんのいる居間はレースカーテン+ブラインドなので窓から冷気がくるのですよ。

父上様があまりこのテのものが好きではないので今までスルーしてましたが
ちゃんと光を通して、謎の模様もないものを見付けたので
冬だけだから!と押し切ってみましたww

意外にキッチリサッシ下部からの冷気を止めてくれてイイ仕事してます。
ケージ前に座る私も恩恵を受けております、いつもよりたくさんなでてられるよ!




8歳に突入し、まったり快適に過ごして欲しいと思う反面
年寄り扱いしすぎるのもよろしくないかもといろいろ悩むところです。





女子力皆無の真っ黒部屋着は(暖かいので)そっとしといてください… → にほんブログ村 うさぎブログ ロップイヤーへ
にほんブログ村


続きを読む

2014-01-08

ようやくの健康診断結果

さてさてお腹痛でのびのびになってた健康診断結果でございます。


…すみません季節感もイベント感も欠如した人間で年始の挨拶もなくて…
見るのは好きなんですよ、キッチリ季節行事されてたり
イベントで盛り上がったりしてる様子を見てるのは大好きなんですけど
どーーーーーにも自分がやる気にはならないんですよ…(←ダメ人間


年末の駅長さん
久しぶりに命駅長さん!5さいになりましたよ☆



それはさておき。



まあ結果としては問題ナシで(終了
あ、いつも通り先生の発言部分アーンド顔文字wに関しては
「大体こんなカンジ」&ざっくり意訳くらいで読んで下さい。
ウチのコは?!と思ったらかかりつけのお医者様へGO☆




すべて正常値!というワケではなく若干の凸凹はあるのですが

「病的にオーバーしてはないし、大体説明もつきますから

車移動が長めなのでストレス値が上がってくるとか
ペレット中心な食生活のコは若干脱水気味とかやはり傾向があるそうです。

「この数値で安定してて健康な生活が送れてるなら問題ないですよ

あああそう言っていただけるとありがたいです~

「レントゲンも前回と比較して特に問題ナシ。あ、胃の件だけど…」

ぎゃっこぉぉぉぉぉ
扉あいてますよー?


胃の件。
威一郎さん「胃、でかくない?」疑惑がかけられてます。

「今までも何度かレントゲン見たけど、多分このコはこれで正常なんだと思う。
 もともと胃が大きいのかもしれないねー」


おおひと安心(;´∀`)
そもそも威一郎さんMAX3.7キロあったので(※現在は2.5前後)
それを考えれば胃が大きくてもあまり不思議はないのかも…と思ったら

「どれだけ大きいかって言うと、このレントゲンを説明せずに他の獣医師さんに見せたら
 『今すぐ手術を!!』ってなるくらい♪



うさ本やブログアップされてる画像で他のうさぎさんのレントゲンも
いくつか見たことあるのですがピンとこないのは
件数が少ないからかウチのコフィルターがかかっているからなのか…


耳のエコーも通常時(?)と鼓室の膿を出す処置をしてからと2パターン。
こちらはまた別の機会にちらりと書く予定です。

なんスか?
なんか不機嫌っぽいいちまい…


こちらに通院しだして大体半年ごとで血液検査&レントゲンしてもらっております。
何度目かになるとこうして「このコの通常値」が判断できていいですね~

不正咬合だとある程度定期的に通うので、
患畜さんの込み具合だけ見てわりと気軽にお願いできます。
正直それまで健康な状態で病院行って…ってわりと敷居高かったんですよね…
(以前お世話になってた病院はレントゲンも麻酔処置だったのでそれもまたハードル)


あれ?これってまさに一病息災ってヤツ?





自分の健康診断はしてませんがね(白目  ⇒  にほんブログ村 うさぎブログ ロップイヤーへ
にほんブログ村


プロフィール

はわ

Author:はわ
裏日本にひっそりと生息、
日々へなちょこ。

白色赤目たれみみうさぎ
威一郎さん(♀)に激ラヴv

 ★ ☆ ★ ☆ ★

画像、テキストの無断転載は
ナシの方向でお願いします。

特に答えは求めない。
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
探し物はコチラで。
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。